iPS細胞最新ニュース

パーキンソン病治療 脳にiPS細胞神経移植

TopiPS細胞の臨床研究ニュース > パーキンソン病治療 脳にiPS細胞神経移植

京都大学iPS細胞研究所は、パーキンソン病患者の脳に、iPS細胞から作った脳神経を移植することによってパーキンソン病の原因を解決していくとのこと。

パーキンソン病は脳内のドーパミンが減ってしまうことで起きることが既にわかっています。ということは脳内のドーパミンがしっかりと分泌されていればパーキンソン病が改善される、もしくは治療して治る可能性があるのです。

そこで京都大学iPS細胞研究所は脳にiPS細胞で作ったドーパミンを分泌する脳神経細胞を移植する臨床研究に入るようです。このiPS細胞はパーキンソン病患者から創りだしたもので、他人からの移植でないところがポイントですね。

ただし今回の脳神経細胞の注入はかなり難しいもので、さらには何が起きるかわからないという安全性の面でもしっかりとした調査が必要になります。

脳中央へは針を使って高い精度で注入するとのこと。脳みそに神経細胞を移植するなんてなかなか考えられませんが、これが成功するとiPS細胞の神経細胞移植によってパーキンソン病の根本治療が確立する可能性が非常に高くなるのです。

実際にはパーキンソン病の脳にiPS細胞を移植して何か害が起きないかを調べるのが目的ですが、これが成功したらすごいことになりそうですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加