iPS細胞最新ニュース

世界初、iPS細胞の臨床研究が承認

TopiPS細胞の臨床研究ニュース > 世界初、iPS細胞の臨床研究が承認

条件付きで加齢黄斑変性のiPS細胞治療が承認

加齢黄斑変性のためのiPS細胞を使った臨床研究が条件付きで承認されました。
加齢黄斑変性の治療に利用されるiPS細胞はたまたまガン化の可能性が低いもので世界初となる臨床研究が可能になっています。別の治療に関してはまだ安全性確保の問題もあり慎重になっています。

しかしながら加齢黄斑変性に関しても世界初のことですから、これまでに数多くの研究を重ねてきたからとはいえ慎重に進めていく必要があります。

今後6人にiPS細胞移植の予定

今後追加の資料を提出して承認されれば来年には6人にiPS細胞で作られた組織が移植されることになります。まだ始まったばかりですから、今後も安全性と治療効果についての向上が期待できるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加