iPS細胞最新ニュース

iPS細胞によるパーキンソン病治療 来年度臨床研究申請

TopiPS細胞の臨床研究ニュース > iPS細胞によるパーキンソン病治療 来年度臨床研究申請

iPS細胞によって作られた細胞をパーキンソン病の患者の脳に移植する新しい治療法を京都大学iPS研究所が目指しています。
この臨床研究の申請を来年度にも出すことを想定して動いているようです。

パーキンソン病患者のドーパミン細胞を作る神経細胞が減ってしまうことに着目し、iPS細胞を利用してこの神経細胞を作り出し、脳に移植することで治療するものです。

この技術と研究の内容についてはかなり固まっているようで、今後1~2年をかけて安全性と有効性を確立し、臨床研究という次のステージに進む予定だそうです。スムーズに進むよう願っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加