iPS細胞最新ニュース

iPS細胞の臨床研究ニュース

2019年、iPS細胞から臓器を作り移植する臨床研究へ

今までiPS細胞は細胞レベルでの移植が多く、まだ臓器をまるまる作って移植するということはできませんでしたが、立体的な臓器を作り出す技術が進んでいるために、2019年までに臓器を患者のiPS細胞から作り...

パーキンソン病治療 脳にiPS細胞神経移植

京都大学iPS細胞研究所は、パーキンソン病患者の脳に、iPS細胞から作った脳神経を移植することによってパーキンソン病の原因を解決していくとのこと。 パーキンソン病は脳内のドーパミンが減ってしまうことで...

8月1日、日本でiPS細胞臨床研究が世界初

理化学研究所と先端医療センター病院による臨床研究、世界初 理化学研究所と先端医療センター病院が、8月1日からiPS細胞を使った目の網膜再生の臨床研究をスタートさせます。iPS細胞の臨床研究はこれが世界...

京大がパーキンソン病で初のiPS臨床

京大のiPS研究所、高橋淳教授によってiPS細胞によって作られた細胞をパーキンソン病患者に移植する臨床研究を2015年以内に目指すことを発表しました。 iPS細胞の安全性を高めた方法を国へ提出する見通...

世界初、iPS細胞の臨床研究が承認

条件付きで加齢黄斑変性のiPS細胞治療が承認 加齢黄斑変性のためのiPS細胞を使った臨床研究が条件付きで承認されました。 加齢黄斑変性の治療に利用されるiPS細胞はたまたまガン化の可能性が低いもので世...

iPS細胞によるパーキンソン病治療 来年度臨床研究申請

iPS細胞によって作られた細胞をパーキンソン病の患者の脳に移植する新しい治療法を京都大学iPS研究所が目指しています。 この臨床研究の申請を来年度にも出すことを想定して動いているようです。 パーキンソ...

加齢黄斑変性で初のiPS細胞臨床研究を承認

iPS細胞から目の細胞をつくり、患者に移植する初の臨床研究について、倫理委員会にあたる再生医療審査委員会を開き、計画を条件付きで承認したとのことです。 今回対象となっているのが目が見えにくくなる加齢黄...
1