iPS細胞最新ニュース

iPS細胞に反応し光らせる物質初見

TopiPS細胞自体の研究成果 > iPS細胞に反応し光らせる物質初見

京都大学の研究グループの研究で、iPS細胞とほかの細胞を区別するために、iPS細胞だけに反応して光る化合物を発見しました。

iPS細胞から様々な組織に作り上げたあと、そこに万が一iPS細胞が残ったまま移植してしまうとガン化してしまう可能性があることから、移植の際に発光したiPS細胞だけを取り除けばがん化のリスクが低減できるのです。このため選別する意味合いはとても大きくなります。

しかしこの光る化合物は神経系の細胞にも反応してしまうとのことで、ここを克服してさらに医療技術が進歩することが必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加