iPS細胞最新ニュース

東京大学

東京大学は2008年2月に文部科学省によって『東京大学幹細胞治療研究センター』を中心にiPS研究の国内拠点として選ばれました。
『ヒトiPS細胞などを用いた次世代遺伝子・細胞治療法の拠点』となっています。

血液、骨、臓器、半径など様々なものを動物の体の中で作り出す研究をしています。

また東京大学では新しい研究がなされています。それは難病患者からiPS細胞を作り出し、何が原因かを突き止めた上でそれを修復し、患者の体に再び戻すというものです。今後このニュースも大きく取り上げられるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加