iPS細胞最新ニュース

理化学研究所

理化学研究所は2008年2月に文部科学省によってiPS研究の国内拠点として選ばれました。
『ヒト多能性幹細胞の分化誘導・移植の技術開発と技術支援のための総合拠点』として動いています。

理化学研究所では網膜細胞の移植研究に力を入れています。ニュースでも度々取り上げられている『加齢黄斑変性』や『網膜色素変性』などの目の病気の治療技術開発の成果についてよく目にするのではないでしょうか。

またES細胞やiPS細胞を使った血液の細胞を効率よく作り出す研究もしています。輸血用の血液を安全に大量に作り出すためです。

さらに理化学研究所のiPS細胞を提供したり技術開発の支援も行なっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加