iPS細胞最新ニュース

iPS細胞と医療研究

iPS細胞で心臓組織の作製に成功

米ピッツバーグ大学の研究で、シャーレ内で自発的に動くiPS細胞を利用した人の心臓組織の生成に成功したと発表されました。 マウスの心臓の「足場」に取り付け、20日間血液を送り込むことで1分間に40~50...

iPS細胞で先天性無巨核球性血小板減少症を再現

京都大学iPS細胞研究所によると、血小板が生まれつき少ない患者からiPS細胞を作ることで、血液の病気で難病である『先天性無巨核球性血小板減少症』の症状を再現することに成功しました。 先天性無巨核球性血...

3DプリンターとiPS細胞で耳を細部まで再生可能に

京大iPS細胞研究所と東大が共同で研究 山中教授の京大と東大が共同で3DプリンターとiPS細胞を使い耳の軟骨を再現して再生することが可能になるようです。予定としては10年後の実用化を目指しています。 ...

iPS細胞から肝臓を制作

横浜市立大学がiPS細胞と赤ちゃんのへその緒などから取った2種類の細胞を培養することで肝臓の元になる組織を作ることに成功しました。 この組織をマウスに移植すると、人の肝臓ができあがり肝機能も改善したと...

iPS細胞で爪から指先を再生可能

爪が指の骨を含む指先を再生せさることがわかりました。原理としては両生類の尻尾が切れても再生するものと同様です。 京都大学とニューヨーク大学の日本人教授によって発表されました。 iPS細胞で爪の幹細胞を...

iPS細胞で作った角膜移植を3~4年で開始

大阪大の西田幸二教授によって、iPS細胞によって角膜の組織を作り目に移植する臨床研究を3~4年をめどに開始したいという発表がありました。 iPS細胞から作った角膜の細胞を培養し、傷ついた角膜に貼ること...

iPS細胞から血液の元になる細胞

東京大学の研究チームが、iPS細胞から血液の元になる細胞を作ることにマウス実験で成功しました。 これを応用することで、血液の病気のあるマウスに正常な血液のiPS細胞を移植したところ、治療に成功したとの...

iPS細胞でてんかん患者の神経細胞機能低下発見

福岡大と慶応大の研究チームはてんかん患者から採取した細胞よりiPS細胞をつくり調べたところ、神経細胞の機能が低下していることを世界で初めて発見しました。 今回調査したのはてんかんの中でも難度が高い「ド...

iPS細胞で止血剤 2018年量産予定

京都大学と東京大学の研究グループが設立したベンチャー企業が年内にも止血剤の生産技術を確立し2015年に臨床試験(治験)を実施。18年にも日米での販売を目指すとのことです。 これはiPS細胞を使った大量...

iPS細胞で赤血球生成 貧血治療に

香川大学医学部、人見浩史助教らがiPS細胞から赤血球生成に必要な「エリスロポエチン」というホルモンを作る細胞の制作に成功しました。 「エリスロポエチン」は肝臓で作られますが、肝機能低下とともに生成量が...
<< 1  2  3