iPS細胞最新ニュース

網膜色素変性症のメカニズムをiPS細胞で解析

TopiPS細胞と医療研究 > 網膜色素変性症のメカニズムをiPS細胞で解析

慶応大学が、iPS細胞を使って網膜色素変性症のメカニズムを解明しました。
これは網膜色素変性症の患者から採取した視細胞を試験管の中で再現してどうすれば網膜色素変性症になるのかがわかったといいます。

この視細胞死がおこる原因として、オートファジーと呼ばれる細胞による自食作用が起こっていることがわかりました。このような原因がわかったことで、細胞死を防ぐ方法としてラパマイシンが有用である可能性がとても高くなったようです。

iPS細胞によって患者から細胞を取り出して、患者と同様の作用が確認されることによって、どうしてこうなるのか、という原点がわかると、そうなる前にどのような対応で対処できるかの予想が立てやすいし、さらにはその細胞などに対して実際に実験することで効果があるかどうかを確認できるのがiPS細胞のすごいところですよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加