iPS細胞最新ニュース

iPS細胞による認知症治療薬の研究

TopiPS細胞と医療研究 > iPS細胞による認知症治療薬の研究

富士フイルム株式会社と京都大学iPS細胞研究所は患者由来のiPS細胞からアルツハイマー型認知症治療薬「T-817MA」を開発すると発表しました。これはアルツハイマー型認知症治療薬の開発を加速させるものとして期待されています。

富士フイルムの「リコンビナントペプチド」を用いて、iPS細胞の樹立や神経細胞への分化誘導の効率化を検討中ということです。

今まで患者由来のiPS細胞を培養していくことはなかったとのことで、アルツハイマーの認知症治療薬などの開発が進むと考えられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加