iPS細胞最新ニュース

iPS細胞から心臓に近いものを生成

TopiPS細胞と医療研究 > iPS細胞から心臓に近いものを生成

東京女子医科大学の研究グループが発表しました。

iPS細胞から心臓と同じような動きをする臓器を作り出すことに成功したそうです。心臓と同じように一定のリズムで収縮を繰り返すようになっていますが、心臓そのものになっているかというとそうではありません。

これはまだ時間がかかるものの、将来的に心臓の動きが弱っている人に対して補助するようなものになればと考えているようです。今のところでは欠陥などに移植をしてポンプの作用をするように考えているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加