iPS細胞最新ニュース

iPS細胞で進行性骨化性線維異形成症の再現成功

TopiPS細胞と医療研究 > iPS細胞で進行性骨化性線維異形成症の再現成功

京都大学iPS研究所の戸口田淳也教授らが、筋肉などが骨に変わる難病、「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」の患者からiPS細胞を作成し、そのiPS細胞で筋肉から骨に変わっていく特徴を再現できたとのことです。
これによって骨に変化してしまう作用を抑える薬の開発の進展につながります。

この研究では再現ができただげてなく、iPS細胞に骨に変わるのを抑えるであろう試験薬を使うことで骨への変化が抑えられたことがわかりました。このようにiPS細胞を使うことで病気の症状の再現とそこに新薬の効果の試験などを続けることで病気の予防や創薬開発など様々な新しい結果を手に入れることができます。

iPS細胞が知られるようになってから進行性骨化性線維異形成症についてはテレビでも放送されていたのでその存在を知る方も増えていると思います。今後のiPS細胞と進行性骨化性線維異形成症の研究がさらに進むことになるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加