iPS細胞最新ニュース

肝細胞の前駆細胞の大量生成が可能に

TopiPS細胞と医療研究 > 肝細胞の前駆細胞の大量生成が可能に

大阪大と医薬基盤研究所のグループによって、iPS細胞から肝臓の細胞になる全段階の細胞、『前駆細胞』の大量生成を成功させました。

新薬の開発などには大量の肝細胞が必要で、その肝細胞を作るためにiPS細胞を利用してたくさん創りだそうと考えられていました。

しかしiPS細胞から肝細胞を作るには3週間程度の時間がかかり、さらには体外での増殖ではなかなか増えないということがネックにもなっていて、時間的コストがかかりすぎるため現実的に量産体制にあるとは言えない状況でした。

しかし今回の大量生成が可能になったため、今後肝細胞を大量ストックして研究速度が向上することが期待されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加