iPS細胞最新ニュース

iPS細胞関連の特許権存続期間を最長5年延長

TopiPS細胞と法整備 > iPS細胞関連の特許権存続期間を最長5年延長

特許庁はiPS細胞を使った医療研究の医薬品や機器などの特許を通常20年のところ、存続期間を最大で5年間延長できるようにすると発表しました。特許延長によって実用化を加速する狙いがあります。

iPS関連の再生医療は今後重要な柱になっていくことは確実であり、様々な優遇をして後押しする必要があると思います。これに関しては日本がトップを取るくらいの勢いで全てを注ぎ込んでもよいでしょう。

医療大国になれば海外からの治療の入国も増えること、それに伴って医療人口の増加も視野に入れないといけないかもしれませんが、これが成功すれば経済的にも弾みがつくのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加