iPS細胞最新ニュース

iPS細胞の加工を企業へ委託可能に

TopiPS細胞と法整備 > iPS細胞の加工を企業へ委託可能に

医療機関の設備費用負担がなくなり研究速度加速

厚生労働省は再生医療を推進するため、医療機関が患者から採取したiPS細胞の加工作業を外部の企業に委託できるように法案提出、2013年度中の導入を目指すとのこと。

これによって、医療機関では費用がかかる設備投資をする必要がなくなり研究に専念でき、さらにiPS細胞関連の研究スピードが早まることが期待されます。

企業側の安全面をしっかりする必要がある

iPS細胞を扱うことになるので、当然ながら加工企業にはウイルスの混入防止や工程管理などの安全対策が高く要求されます。
また技術者の育成も必須であり、このような基準を定めてクリアした施設が国へ申請、承認される流れとなるそうです。

今後経済的にもiPS細胞研究と新薬開発が確実に経済の流れを変えていくことは明白です。国を上げてiPS細胞の開発促進を後押しして欲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加