iPS細胞最新ニュース

国主導・産学連携でiPS細胞新薬開発促進

TopiPS細胞と法整備 > 国主導・産学連携でiPS細胞新薬開発促進

国が主導する初のプロジェクトです。
iPS細胞を使ったパーキンソン病を含む50の難病を対象に、iPS細胞を使って新薬の開発を進めます。国が中心となり、産学連携でiPS細胞研究がさらに加速することとなります。

もともと患者数が少なく研究のスピードが遅れがちになってしまいすが、患者から採取した細胞からiPS細胞を作り出し研究することで病気の原因を探りだすことが早くなり、新薬の開発スピードが飛躍的に向上するとされています。

国が率先して産学連携をとり進めることで国内の医療研究レベルは上がり世界にも輸出していくことができるでしょう。何よりも難病で苦しむ患者と家族をいち早く救うことができることは何よりも大きいメリットです。

このエントリーをはてなブックマークに追加