iPS細胞最新ニュース

再生医療推進法が成立

TopiPS細胞と法整備 > 再生医療推進法が成立

4月26日、iPS細胞などによる再生医療に関する再生医療推進法が成立しました。
これは再生医療の基本法として位置づけられており、再生医療の研究や実用化を国がバックアップすることとなります。

要するに国が責任をもって後押しをするから国民にいち早く新しいiPS細胞研究の成果である医療技術を提供していくようにするというもので、法律などのボーダーラインを作っていきます。
安全性を高めるのは研究機関や企業の役目ですが、その基準をしっかりと作るのは国の仕事で、安全性の基準やさらなる開発を進めるための税制について、新薬や技術の審査のスピード化などを盛り込んでいます。

国と機関が一丸となってiPS研究と実用化を進めるための法律です。毎日のように新しい研究が行われていることもあり、再生医療推進法は少なくとも3年ごとに見直しがされる予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加