iPS細胞最新ニュース

iPS細胞の再生医療で条件・期限付き承認制度

TopiPS細胞と法整備 > iPS細胞の再生医療で条件・期限付き承認制度

政府の規制改革会議の健康・医療部会がiPS細胞を利用した再生医療の分野で日本が世界をリードすべく動き出せるように、実用化に向けて条件・期限付き承認制度をまとめました。

この条件・期限付き承認制度というものは、治験数が少なくても一定の安全性と有効性が認められた場合に技術の実用化を認めるものです。どのようなボーダー基準を設けるかは明確に出ていませんが、一定期間の実用を経て認められる模様です。

規制をある程度緩和することで爆発的に広がりを見せる可能性があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加