iPS細胞最新ニュース

厚生労働省の審査委員会でiPS細胞審議開始

TopiPS細胞と法整備 > 厚生労働省の審査委員会でiPS細胞審議開始

iPS細胞を使った網膜再生の臨床研究において、厚生労働省の審査委員会によって審議が始まりました。iPS細胞の安全性を中心に話し合われたそうです。
審議には遺伝子治療の研究者2名を加えて18名で行われました。

次回は5月下旬に開催するということです。全体で数ヶ月はかかると見られています。研究や開発技術が未だ発展途上であるiPS細胞研究だからこそ、可能性はとても大きく人類を変える可能性がある一方、危険性もまだ把握しきれていない部分も少なからずありますから、時間が多少かかったとしても安全で安心して治療が受けられる土壌を作ってもらいたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加