iPS細胞最新ニュース

iPS細胞と法整備

iPS細胞関連の特許権存続期間を最長5年延長

特許庁はiPS細胞を使った医療研究の医薬品や機器などの特許を通常20年のところ、存続期間を最大で5年間延長できるようにすると発表しました。特許延長によって実用化を加速する狙いがあります。 iPS関連の...

京大 iPS細胞作製法で包括日本特許取得

京大のiPS細胞研究所がiPS細胞作製法で包括日本特許取得しました。すでに5つの特許が取られているiPS細胞関連ですが、今回取得されたものは広範囲に渡るiPS細胞の作成方法になるといいます。 特定の方...

京大iPS特許1件さらに成立

すでに国内で5件のiPS細胞関連の特許を成立させている京大iPS細胞研究所ですがさらに1件の成立があったそうです。 国内だけでなく30カ国で特許を取得していて、今後さらに特許申請して成立されることが予...

iPS医療と創薬の安全基準を統一化、開発期間を最短2年に

医療開発と製薬開発の安全基準統一化で7年が2年に短縮 医療と創薬というのは安全基準が違うためこれまでだとほぼ同じようなことをしていても両方の安全基準を満たすことによる二度手間がかかっていたためその分時...

iPS細胞 加齢黄斑変性治療は慎重に

厚生労働省は27日、「ヒト幹細胞臨床研究に関する審査委員会」を開き、加齢黄斑変性の治療にiPS細胞を使った治療法のさらなる安全性を追加で説明を求めるとして延期となっています。 これは理化学研究所などが...

国主導・産学連携でiPS細胞新薬開発促進

国が主導する初のプロジェクトです。 iPS細胞を使ったパーキンソン病を含む50の難病を対象に、iPS細胞を使って新薬の開発を進めます。国が中心となり、産学連携でiPS細胞研究がさらに加速することとなり...

再生医療推進法が成立

4月26日、iPS細胞などによる再生医療に関する再生医療推進法が成立しました。 これは再生医療の基本法として位置づけられており、再生医療の研究や実用化を国がバックアップすることとなります。 要するに国...

iPS細胞の再生医療で条件・期限付き承認制度

政府の規制改革会議の健康・医療部会がiPS細胞を利用した再生医療の分野で日本が世界をリードすべく動き出せるように、実用化に向けて条件・期限付き承認制度をまとめました。 この条件・期限付き承認制度という...

厚生労働省の審査委員会でiPS細胞審議開始

iPS細胞を使った網膜再生の臨床研究において、厚生労働省の審査委員会によって審議が始まりました。iPS細胞の安全性を中心に話し合われたそうです。 審議には遺伝子治療の研究者2名を加えて18名で行われま...

再生医療推進法案が成立となる模様

iPS細胞などの法案が衆院厚生労働委員会で可決 再生医療推進法案が19日衆院厚生労働委員会で可決されました。 再生医療の研究開発と実用化のための法律を作り決めていくと考えて下さい。このあと衆院本会議で...
1  2