iPS細胞最新ニュース

2014年度予算 iPS細胞関連で150億円

Topその他iPS細胞ニュース > 2014年度予算 iPS細胞関連で150億円

政府は2014年度予算案に、iPS細胞を利用した再生医療に関して150億円を計上しました。
今後はiPS細胞の備蓄を本格化し、さらに目の難病についても臨床研究スタートや技術開発支援をしていくとのこと。

iPS細胞ストックに関しては今後のiPS細胞による治療が本格化することを踏まえても早く備えておきたいところです。現在は京大iPS研究所が進めています。

既に2013年から10年間で1100億円の支援をしていくことを想定していて、今後さらにiPS細胞の研究と臨床データ、医療研究が増えていくものと考えられます。

また今後は予算とあわせて規制などの改革必要になってくるかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加