iPS細胞最新ニュース

兵庫さい帯血バンクがiPSストックに協力

Topその他iPS細胞ニュース > 兵庫さい帯血バンクがiPSストックに協力

兵庫県の臍帯血バンクが京都大学iPS研究所が目指しているiPSストックに協力することを決めました。
臍帯血からiPS細胞を創りだして血液関連の治療や手術に役立てるものです。

臍帯血バンクでは拒絶反応が起こるかどうかの目安となる『HLA型』を調べた上で登録されていることが強みです。もともとiPS細胞を作るときにHLA型を調べるとひとりあたり数万円のコストと時間がかかっていましたが、臍帯血バンクが協力してくれることでスムーズに進みます。

このエントリーをはてなブックマークに追加