iPS細胞最新ニュース

その他iPS細胞ニュース

放射線医学総合研究所、iPS細胞の点突然変異の頻度調査

放射線医学総合研究所の調査で、iPS細胞のDNAに生じる点突然変異がiPS細胞の形成過程で生じることを突き止めました。 さらにiPS細胞はES細胞よりも10~20倍も点突然変異が多いことがわかりました...

2014年度予算 iPS細胞関連で150億円

政府は2014年度予算案に、iPS細胞を利用した再生医療に関して150億円を計上しました。 今後はiPS細胞の備蓄を本格化し、さらに目の難病についても臨床研究スタートや技術開発支援をしていくとのこと。...

iPSアカデミアジャパンが冷凍せずiPSを搬送

iPS細胞は冷凍して運ばれていましたが、京大のiPS関連特許の管理会社であるiPSアカデミアジャパンが、iPS細胞を冷凍せず生のまま搬送することを発表しました。研究の結果、生の状態でもiPS細胞の品質...

東大がiPS細胞100個を同時に自動培養する技術開発

東京大学の生田幸士教授と池内真志助教らは、iPS細胞を100個ずつ自動で培養する器具を開発しました。 1mmの小さな穴があいた部分を試験官としてみなしそこでiPS細胞を培養します。1cm四方で100個...

富山の書店、京大iPSに寄付・寄贈

富山県を中心に書店チェーンを運営する明文堂が京大iPS研究所に、今後10年間で約3000万円分の書籍と研究資金を寄贈することを発表しました。 清水満社長が訪ね目録を渡すと、山中伸弥所長は「寄付を有意義...

体内でiPS細胞作成成功

スペイン国立がん研究センターなどの研究チームによると、マウスの体内で、存在している細胞を体内にある状態でiPS細胞にすることに成功したとの発表がありました。 体外で作られたiPS細胞に比べて自然界に存...

東大 iPS細胞第一人者、中内啓光教授がアメリカへ

日本のiPS細胞第一人者がアメリカへ流出してしまう iPS細胞研究の第一人者、東京大医科学研究所の中内啓光教授が、アメリカのスタンフォード大学に研究室を構えるとのこと。移籍に関しては3年半後となる模様...

自治医大、宇都宮大と連携し動物体内で人間の血液作成研究

自治医大は宇都宮大と連携し、動物の体内で人間の血液を作り出す研究を進めています。 今まで他の動物の血液を持つ羊などを開発してきましたが、iPS細胞の研究が進む中、人間の血液を持つ動物を作り出す研究をし...

兵庫さい帯血バンクがiPSストックに協力

兵庫県の臍帯血バンクが京都大学iPS研究所が目指しているiPSストックに協力することを決めました。 臍帯血からiPS細胞を創りだして血液関連の治療や手術に役立てるものです。 臍帯血バンクでは拒絶反応が...

京大の山中伸弥教授が京都市名誉市民に表彰

iPS細胞でノーベル生理学・医学賞を受賞の山中教授 iPS細胞の話題が尽きない中、ノーベル生理学・医学賞を受賞を受賞した京都大学iPS細胞の山中教授が京都市長から京都市名誉市民の称号を贈られました。 ...
1  2