iPS細胞最新ニュース

iPS細胞研究に今後10年で1100億円の支援表明

TopiPS細胞と経済効果 > iPS細胞研究に今後10年で1100億円の支援表明

iPS細胞研究に関わる費用を含む補正予算が成立

今年度の補正予算が成立し、安倍首相はiPS細胞を経済再生のめたの一端を担うものとして今後10年で1100億円の研究支援を行うことを表明しています。
山中教授も言っていますが、iPS細胞は再生医医療とともに創薬の開発が要になるということ。患者の遺伝子から病気の原因である細胞を見分けることでそれに対応する新薬を作っていきます。

このような事業を国家事業として全面的にバックアップしていくというのが安倍首相の声明のひとつでした。

今後の研究、応用、実用化のスピードが命

国内ではiPS細胞に関して山中教授がノーベル賞を受賞したことから一時的に盛り上がりを見せましたが、実際には国がバックアップしていくことでさらに加速して研究が進められますし、世界を相手に新薬や技術の輸出が早く行われればそれだけ日本経済におけるアドバンテージは高くなります。

ノーベル賞受賞後、さらに研究を進めていくことをインタビューで話されていましたが、まさに今後の実用化が辛い思いをしている全ての患者、そして日本経済にも大きく影響していきます。確実にiPS細胞が日本を支える大きな要のひとつになっていることは間違いありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加