iPS細胞最新ニュース

iPS細胞で1兆円市場規模へ拡大

TopiPS細胞と経済効果 > iPS細胞で1兆円市場規模へ拡大

日本でiPS細胞研究が盛んに行われ、実用化が世界よりも早く実現することで、1兆円規模にまで拡大する見込みだとしています。

現在はiPS細胞と病気に関する実験と研究が日々重ねられていて、安全性の確保が急がれています。毎年新しい臨床実験が実現していますので今後iPS細胞の医療への応用は加速することがわかっています。

ただしiPS細胞はガン化してしまう可能性があり、安全面での不安が残るため慎重に進める必要があります。今後広く普及させるためには最低でも10年はかかると言われています。同時に法整備や国のバックアップ体制なども日本が世界へ影響を大きくしていくには必須となるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加