iPS細胞最新ニュース

iPS細胞と経済効果

大日本住友製薬とヘリオスでiPS細胞新会社

大日本住友製薬とヘリオスで折半して出資された新会社を設立することがわかりました。資本金5000万円で2014年2月に設立予定です。 2018年に「加齢黄斑変性」の治療薬実用化に向けて始動します。 ヘリ...

ソニーがiPS細胞の開発機器製造

iPS細胞の動きを正確に把握する技術を細胞分析装置として開発しています。2010年に初めて発売し、今iPS細胞の研究用に新しく開発しています。 ビデオの倍のコマ数で記録して手ブレなども抑えるようになっ...

ドバイでiPS細胞の冷凍保存会社

ドバイでiPS細胞を長期間冷凍保存するサービスを提供する会社ができたそうです。 個人顧客を対象として若い頃にiPS細胞を皮膚から採取、その後長期間冷凍保存することで、将来的にさらにiPS細胞の再生医療...

産業革新機構、ベンチャー企業「メガカリオン」に10億出資

官民ファンドの「産業革新機構」はiPS細胞で血小板を大量生成する研究をしている大学発のベンチャー企業「メガカリオン」に10億円の出資を決めました。 「メガカリオン」は東京大学と京都大学の研究成果を生か...

ニコン、日本網膜研究所に5億円出資

網膜再生医療の発展が加速 ニコンは網膜再生医療に取り組んでいる日本網膜研究所に5億円の出資を行いました。 ニコンの技術である光学・画像技術を日本網膜研究所に提供し、今後のiPS細胞から網膜細胞を作り出...

iPS細胞で1兆円市場規模へ拡大

日本でiPS細胞研究が盛んに行われ、実用化が世界よりも早く実現することで、1兆円規模にまで拡大する見込みだとしています。 現在はiPS細胞と病気に関する実験と研究が日々重ねられていて、安全性の確保が急...

iPS再生医療製品の審査基準統一化へ働きかけ

iPS細胞研究ゆ製品化、医療の研究では日本がリードしている状況で、今後日本経済を大きく牽引するだろうと考えられています。そのためには国内だけでiPS製品を流通させるのではなく、世界市場で一般的に使われ...

ロート製薬、再生医療へ進出

ロート製薬は5月17日付けで「再生医療研究企画部」を新設。 大衆薬メーカーとして国内初の再生医療分野に進出することになります。 ロート製薬が注目しているのは「体性幹細胞」です。これは体の組織修復に使わ...

新日科学が日本網膜研究所と資本提携

新日本科学が日本網膜研究所から3億円の第三者割当増資を引き受け資本提携の締結を発表しました。業績に与える影響について現時点で軽微とのこと。 新日科学が日本網膜研究所のiPS細胞技術による加齢黄斑変性、...

iPS細胞研究に今後10年で1100億円の支援表明

iPS細胞研究に関わる費用を含む補正予算が成立 今年度の補正予算が成立し、安倍首相はiPS細胞を経済再生のめたの一端を担うものとして今後10年で1100億円の研究支援を行うことを表明しています。 山中...
1  2